短時間でペニス増大が叶う?ペニス増大手術のメリット、デメリットとは?

短時間でペニス増大が叶う?ペニス増大手術のメリット、デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ペニス増大手術

ペニス増大は、手術による方法もあります。ペニス増大手術とはどんなものなのでしょうか。ペニス増大の方法はいくつかありますが、効果が出るまでにはどれも時間がかかります。

その点、手術をすれば短時間でペニス増大がかなうわけですが、手術や手術後に何か問題はないのでしょうか。
ここでは、ペニス増大手術について見ていくことにします。

【埋没陰茎長茎手術の効果とメリット】

男性のペニスは、外に出ている部分のほかに、数センチほど体の中に埋没しています。埋没陰茎長茎手術は、体に埋まっている部分を外に出して、ペニスを長くするものです。

ペニスの根元にある靭帯を切断して引っ張り出すわけですが、縫合のあとは陰毛に隠れて見えにくいのも、この手術のメリットといえるでしょう。長茎手術をするとペニスが伸びるために、亀頭を覆う包皮が後退して仮性包茎が治るという副次的な効果もあります。

また、同じ長茎手術でもメスを使わない方法もあります。こちらのほうが手軽にできるため、この手術を希望する人が増えています。方法は簡単で、股間に埋もれている陰茎海綿体を、体の外に引っ張り出して糸で固定しておくものです。

ただし、靭帯を切断する本格的な長茎手術と違って、外に引っ張り出す部分がやや短くなるのが難点です。しかし、何と言っても手術が簡単に済むのがこの方法の最大のメリットでしょう。患者のペニスの状態や希望によって、切る手術と切らない手術のどちらにするかを決めてから、手術を行います。

切らない場合は糸でペニスを固定しますが、常に固定している部分に負荷がかかるため、つっぱったような違和感が残ることがあります。また、この方法では糸が切れることもあるため、長茎手術は一時的なものになる可能性もあります。糸が切れた場合は再度糸で固定することも可能ですが、糸が切れたのを機に、本格的に靭帯を切断して行う長茎手術を希望する人も少なくないようです。

靭帯を切断する本格的な長茎手術の場合は、手術してから元に戻したいと言っても、どうにもなりません。しかし、糸で固定する場合は糸を切ればペニスをまた元の状態に戻すことができます。そのため、靭帯を切断する本格的な手術の前に、糸で固定する手術を希望する人もいるようです。

とは言っても、やはり靭帯を切断する本格的な手術を希望する人も数多くいます。理由は簡単で、靭帯を切断する分、同じ長茎手術でもさらにペニスを長くすることができるからです。このことから、長茎手術をするなら、ペニスを最大限に伸ばしたいと考える人が多いことがうかがえます。

また、糸で固定した場合とくらべて、突っ張ったような違和感を感じることもありません。もちろん、術後の後遺症もなく、傷痕も陰毛で隠れるので、人に気づかれる心配もほとんどありません。

長茎手術はペニスを根元から引き出しますが、実際には陰茎海綿体を根元から引き出すのに近い手術を行います。もしも海綿体を傷つけると大変なことになりますが、この長茎手術では海綿体には手を加えることなく手術が行われるので安心です。また、手術は皮膚表面の麻酔と深い部分のブロック麻酔を両方行いますので、手術中も手術後も痛みを感じることはほとんどありません。

【脂肪吸引長茎手術の効果とメリット】

肥満体型でペニスが脂肪の中に埋もれてしまって挿入できないなど、セックスに支障のある場合に行う手術です。脂肪吸引を行ってお腹を引っ込め、埋もれたペニスを露出させる手術なので、長茎手術といってもペニスそのものに手術をするわけではありません。ただし、この手術と前述の靭帯を切断する長茎手術を併せて行う場合もあります。どうせ手術をするなら、ペニスをより長くしようということなのでしょう。

また、お腹の脂肪を取るといっても、実際に取るのは恥骨部周辺の脂肪だけです。ここの脂肪を取り除いて、脂肪の中に埋もれていたペニスを露出させるわけです。下腹部の脂肪を取り除くので、見た目がよくなる上に、ダイエット効果もあります。手術の方法は、皮膚を直径5ミリくらい切開して、そこからカニュ-レという細い管を入れて皮下脂肪を吸い出します。

手術後1週間程度は患部が濡れないようにシャワーを浴びなければなりません。また、性行為は手術後1か月くらいは行えません。この手術ではペニスは何も変わらないので、手術後に太ってしまうとまた元のようにペニスが埋もれてしまいます。

【リパス陰茎増大法の効果とメリット】

リパス(LIPAS)陰茎増大長茎手術は、ペニスを半永久的に長く太くできる手術方法です。これは、ペニスの幹の部分に1度だけリパスという成分を注入する手術です。たったこれだけで、ペニスを半永久的に増大することができます。

リパスというのは、KFDA(韓国医薬品局)から承認された、PMMAとDextran(デキストラン)の2つの成分からできています。Dextran(デキストラン)成分は、体内に約2年かけて吸収されていきますので、かなり長い間ペニス増大を持続させる効果があります。

さらに、PMMAは分解・吸収されることなく体内に残るので、半永久的にペニス増大が可能となります。ペニスが細くて悩んでいる人や、長さが足りない人も、この手術を受ければ簡単にペニスを増大させることができます。

リパスは1回の注射で約10cc~20ccを注入しますが、手術の前にペニスに麻酔を打つので痛みはほとんどありません。手術時間は10分~15分程度で済むため、気軽に受けることができる手術です。もちろん注射のみなので、手術後抜糸は必要ありません。

手術後激しいスポーツは1週間程度禁止ですが、シャワーは手術当日も浴びることができます。ただし、最初の2~3日は患部を濡らさないようにシャワーを浴びましょう。入浴は手術後2週間で可能となりますが、性行為は1か月間はできません。

ただし、リパスの注射を行うと、もう元には戻せないので事前に医師とよく相談して、手術するかどうか決めたほうがいいでしょう。

【自分の脂肪注入で安全に増大】

増大手術の中に、自分の脂肪をペニスに注入して増大させる方法があります。自分の体内にある脂肪を使用するので、もっとも安全なペニス増大手術です。注入する脂肪は、自分の下腹部やお尻などから脂肪を吸引して使用します。吸引した脂肪は注射器を使って、ペニスの幹や亀頭部分などに注入しますが、事前に局部麻酔をしているので、痛みはほとんど感じません。

しかも、注射だけなので手術痕が残ることもなく、入院の必要もありません。増大したい大きさによって吸引する脂肪の量も決まりますが、この手術は長さよりペニスを太くしたい人に向いています。注射をするだけではなく、その前に自分の脂肪を吸引する手術が必要で、そのあとにペニスに注入するため、他のの手術よりも多少時間がかかります。また、自分の脂肪とはいえ、ペニスに完全になじむまでは2~3週間程度かかると考えましょう。

切開手術はしないので抜糸はなく、手術当日からシャワーが可能です。ただし、入浴は3日間程度できません。また、1週間くらいスポーツは控えなければなりませんが、性行為は2週間後から可能となります。

【自分の幹細胞と脂肪で増大】

自分の血液から取り出した幹細胞と脂肪を、ペニスに注入して増大する方法です。自分の幹細胞と脂肪を使うので、異物反応を起こす心配もなく安全に増大することができます。注入する量によって自分の好みの大きさにすることができますが、長さよりもペニスを太くしたい人向けの手術です。

自分の体から約16㏄の血液を取り出し、特殊なろ過装置で不純物を除去して、純度の高い幹細胞、脂肪細胞のみをペニスに注入します。体内に脂肪が生着すれば半永久的に増大効果を維持できますが、うまくいかないと脂肪細胞がしこりとして残ることがあります。

手術後5日程度は飲酒禁止です。3日間くらい包帯を巻くので、濡らさないようにシャワーを浴び、入浴は1週間くらいできません。また、性行為は1か月間くらい我慢することになります。

【コラーゲン注射で増大】

コラーゲンは肌を若々しく保つ作用があるので、化粧品などに使われています。このコラーゲンをペニスに注入する増大法があります。コラーゲンはもともと人体にもある成分なので、体になじみやすく安全に注入することができます。

注入後は少しずつ吸収されていくので、半年~10か月くらいたつと増大効果がなくなります。永久に増大できるわけではないので、定期的にコラーゲンを注入する必要があります。ペニスを長くするより太くしたい人、特にカリの部分にこだわる人に好まれる手術です。

コラーゲンの注入は10分程度で終わります。注入するコラーゲンはあらかじめ検査して、アレルギーが出ないように処理したものを使います。注入したコラーゲンは1年もしないうちに吸収されて増大効果が失われるため、もし手術後何らかの理由で気に入らなくても、しばらくたつとペニスが勝手に元のサイズに戻るので、安心して注入することができます。

注射のみなので抜糸の必要はなく、手術当日もシャワーを浴びてかまいません。1週間程度は激しいスポーツは禁止で、性行為も2週間くらい我慢しましょう。

【アクアミド注射で増大】

アクアミド注射は、亀頭部分を増大させるために行う手術です。ペニスのカリの部分に、アクアミドという水と高分子のポリアクリルミドを1度注射するだけで、亀頭が増大します。この手術では、体内に吸収されないジェルを注入するので、半永久的に増大効果が持続します。

亀頭部分を大きくしたい人に向いた手術で、毒性のないアクアミドを注入するので、安全性の高い増大法です。アクアミド注射は日本では可能ですが、アメリカでは認可されていない手術です。一度注入すると元に戻せないので、事前に医師とよく相談してから行うようにしましょう。

注入は10分程度で終わりますが、ペニスの状態によっては包茎手術が必要な場合があります。注射のみなので抜糸はなく、手術当日からシャワーも可能ですが、入浴は3日間程度我慢してください。激しい運動も3日間は禁止で、性行為も10日間禁止となります。

【ヒアルロン酸による亀頭増大】

ヒアルロン酸は、亀頭増大、早漏の改善に使われる薬剤です。美容整形のしわ取りにも使用されるほど安全性が高いため、安心して注入することができます。ヒアルロン酸は体内に少しずつ吸収されていくため、増大効果はしだいに失われていきますが、増大するだけではなく、早漏防止や亀頭を強化する効果もあります。

ヒアルロン酸を注入すると、カリを中心に亀頭を大きくすることができます。つまり、注入後はカリの部分が大きくなるため、ここがストッパーとなって包皮が亀頭に被りにくくなり、仮性包茎が改善されます。ヒアルロン酸は人体の皮膚や関節にあるムコ多糖類のひとつで、安全性が高くアレルギーや副作用の心配がないため、気軽に注入することができます。

【レディエッセによる亀頭増大】

レディエッセは亀頭増大に使われる薬剤です。美容整形などにも用いられる薬剤で、ヒアルロン酸に比べてあまり流動性がないのが特徴です。そのため亀頭部分にしっかりとどまって、増大効果が長期間持続します。レディエッセは注入後2年で吸収されてしまいますが、その後も増大効果は残ります。これは、レディエッセが体内の天然コラーゲンの生成を促進し続けるからです。

レディエッセによって亀頭が増大すると、亀頭部分が刺激に強くなって早漏防止に役立ちます。また、大きくなった亀頭が包皮のストッパーになって、仮性包茎が改善される効果もあります。

レディエッセは、カルシウムハイドロキシアパタイトを主成分としています。この成分は人体の歯や骨にも含まれているため、安全性の高い薬剤といえるでしょう。また、レディエッセは最終的に100%吸収されるため、アレルギーや副作用の心配もありません。

【まとめ】

ペニス増大手術は、いろいろある増大法の中でもかなり大がかりな方法です。即効性はあるものの、切開手術を伴う本格的な手術では入院が必要な場合もあり、しかも費用は数十万円くらいかかってしまいます。また、手術する以上、絶対に安全とも言い切れません。

ペニス増大手術は短期間で効果を実感できる画期的な増大法なのですが、その反面いろんなデメリットもあるようです。メリットとデメリットを総合的に考えると、ペニス増大サプリなどを利用する方法にくらべて、かなりリスクがあるということになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!