【ワキガの原因⇒改善対策方法】徹底解説!

【ワキガの原因⇒改善対策方法】徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ワキガ原因対策

ワキガは汗とは違う特有のにおいがすることで悩んでいる人が多いです。
夏になると特に症状が目立ちます。

どういったことが原因でワキガになるのでしょう?

ワキガの主な原因

汗と常在菌が混ざり合っておきるもの

ワキガの主な原因はアポクリン腺という汗腺から出る汗が関係しています。
汗自体は無臭です。
しかし、アポクリン腺の汗に含まれている脂質やたんぱく質、糖質、アンモニアなどが皮膚の表面にある常在菌によって分解されるとあの独特なにおいが発生します。
特に皮脂と混ざると臭いは強くなってしまうのです。

ワキガ体質の人はエクリン腺から出る汗は無臭なのにアポクリン腺から出る汗のにおいを一緒に拡散させることがあります。
これによって体全体が臭うようになってしまうのです。

汗の量によって臭いも強くなる

ワキガは汗の量が多くなればそれだけ臭いの原因となる物質が発生することになります。
そのため汗の量が多いこともワキガの原因の一つです。

汗をかきやすい人は特にワキの清潔を保つことが必要になります。
汗をかかないと体温調節ができなくなりますから汗をかくこと自体は必要なことですが臭いの原因となることを意識してできるだけこまめに拭き取ることが大切です。

遺伝によってワキガになるケースも

ワキガを発症するのに遺伝もかかわっています。
アポクリン腺から分泌される汗が多い体質の人がおり、これがワキガの原因です。

この体質は遺伝をしやすく両親のどちらかがワキガ体質の場合には子供も50パーセントの確率で遺伝するといわれています。
両親ともにワキガ体質の場合には遺伝の可能性は80-パーセントといわれておりかなりの高確率です。

ワキガは発症するタイミングに個人差がありますが、早い子は小学生くらいから発症することがあります。
多くの場合には性ホルモンがかかわるので思春期ごろから症状が出やすいです。

思春期は精神的にも不安定になる時期ですし多感な時期でもあるので
いじめに発展することもありますし、本人が深く悩むこともあります。
そこで、遺伝でワキガになりやすいとわかっている場合には特に早いうちから対処をしておくようにしましょう。

 

こんな人はワキガになりやすい?

ワキガはいろいろなことが原因で起こります。
直接的に関係がなさそうなことでも意外とワキガの原因となっていることがあるのです。
特に以下のことはワキガの原因となるものなので注意をしておきましょう。

ストレスを溜め込んでいる

ストレスを溜めてしまうとホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスの乱れはアポクリン腺が活発になる要因となるためワキガが発症しやすいです。

また、人によっては今までワキガを感じたことが無かったのにある日突然症状が出るということもあります。
こういった時には強いストレスでホルモンバランスが崩れたことが原因で引き起こされることがあるのです。

最近太った

急に太ったことで体温調節がうまくできずに汗を掻きやすくなったりストレスフルになったりすることもワキガの原因となります。
特に太ってしまって皮膚がこすれる場所が増えてしまうとそういった場所は雑菌が繁殖しやすいです。
ワキも蒸れやすいので匂いを感じやすくなってしまいます。

タバコの吸い過ぎ

タバコも体臭をきつくする原因といわれています。
そのためタバコを吸っている人はワキガになりやすいです。
もちろん量が増えればその傾向が強まるので吸いすぎの人はかなりワキガの臭いも強くなると考えられます。

食生活の乱れ

食生活の乱れもワキガの要因となります。
欧米人にワキガが多いのは肉食であることが要因の一つです。

日本人はもともと野菜が多い和食を好み、肉をあまり食べなかったために体臭も少ないですしワキガにもなりにくいといわれてきました。
最近では食生活の洋風化が起こっており、肉食の人が増えていることでワキガが目立つようになっていますし臭いもきついです。
そこで対策として肉よりも野菜や魚中心の食生活をするようにしたり海藻類を食べるようにしたりして、油の多いものやニオイの強いものを避けるようにすると効果があります。

お酒の飲みすぎ

お酒を飲むと体内では体温が上昇し血管が膨張します。
そのため汗をかきやすいです。
アルコールを排出するために汗もたくさんかくのでそれによってワキガの臭いがしやすくなります。

また、飲酒をした際にはアセトアルデヒドや酢酸といった強い臭いのある成分が生成されるため体臭は一段と強いです。
そのためワキガの臭いも目立ちやすくなります。

運動など汗をかくことが少ない

汗をかくと体内から老廃物が排出されます。
日頃から運動をしていないと運動をした際に汗からたくさんの老廃物が排出されるために体臭がきつくなってしまうのです。

そういった人は汗がべたべたした汗が出やすくなります。
このべたべたした汗は水分以外にもいろいろな成分を含んでいるので皮膚の雑菌が繁殖しやすく臭いが発生しやすいです。

ワキガの治療方法

ワキガを治療したいと考えたらいくつかの方法があります。
ワキガは病気ですから放置をしていても何も改善することがありません。
どういった治療をするのが自分に合っているかを考えて対処をしましょう。

皮膚科や美容外科で治療

ワキガは治療で治すことができます。
治療方法も種類が増えており、皮膚科や美容外科によって行える内容は様々です。

昔はワキガの治療といえばワキを切開して行うことが一般的でした。
この治療方法は効果はとても高いですが、医師の経験や高い技術が求められます。
また、傷跡が残る心配もありました。

そこで、最近では切らずに行う方法が人気を集めています。
切る範囲も最小限になっていたり、注射のみで治したりするものもありますがクリニックによって対応できるものが違うので事前の確認が必要です。

ワキガ専用クリームの使用

ワキガ対策として人気のある方法の一つにクリームがあります。
クリームをつけることによってワキの汗を抑えることができたり雑菌の繁殖を抑えることができたりするのでワキガの臭いがしにくいです。

クリームを選ぶ際には成分も大切ですが、無香料タイプを選ぶことがポイントです。
ワキガの臭いに人工の香料が混ざるとさらに臭いがきつくなりますし、こういった香料でワキガの臭いをおさえることができません。

成分としては消臭力や殺菌力も大切ですが、保湿成分が配合されているものを選ぶことも効果があります。
皮膚が乾燥してしまうと皮脂が過剰分泌してワキガの臭いがきつくなるのでしっかりと保湿をしておくと臭いを抑えるのに効果的です。

むだ毛の除去

むだ毛が生えていることもワキガの臭いが強くなる原因の一つです。
特にワキはわき毛があることによって、蒸れやすいですしわき毛についた汗が臭いの原因となり長く臭ってしまう原因にもなります。

そこでむだ毛を処理するだけでも臭いは違ってきますし効果的です。
脱毛も一般的な処理方法のカミソリよりも機械での脱毛のようにできるだけ肌への負担が少ないものを選ぶと体臭が気にならなくなってきます。

普段から出来る対策方法

ワキガの臭いが気になり始めたら手術や注射などの治療をしない限りは継続的に対処をしていく必要があります。
毎日の生活の中でも心掛けによってすぐに効果の出るものがありますからぜひ取り入れてワキガの臭いを抑えるようにしましょう。

野菜中心の食生活へ切り替える

肉食の生活をしていると汗も臭いが強くなる傾向があります。
そのためワキガの人はできるだけに肉を控えて野菜中心の生活にした方が効果的です。

野菜をたくさん食べることによって便秘が解消されますし体内の老廃物も排出されやすくなります。
体内に老廃物が多い状態だと汗に老廃物が含まれて排出されるので汗のにおいが強くなりやすいです。
老廃物がきちんと排出されるようになると汗の臭いがきつくなくなるだけでなく、肌荒れの改善やダイエット、むくみの減少といったことも効果として感じられます。

毎日入浴する

汗のかきすぎはワキガの臭いが発生する原因といわれていますが、汗をかくこと自体は悪いことではありません。
汗をかかないと体内の老廃物が排出されないですし体温調節もできなくなってしまいます。
大切なのは汗の量以上に汗の成分です。

日頃から汗をかく習慣のある人は汗がさらさらですが、汗をかきにくい人が汗をかくとべたべたした汗をかきます。
べたべたした汗は老廃物が多く臭いが発生しやすいです。
そこで、汗をかくためにも日頃からお風呂で湯船につかる習慣を身につけておくことが望ましいとされています。

お風呂に入ることによって汗腺も清潔に保たれて臭いが発生しにくいです。
シャワーでも十分汚れを落とすことができますが、お風呂に入った方が臭い軽減の効果は高まります。

制汗剤の使用

制汗剤は殺菌作用や汗を抑える効果があったり、香料で臭いをおさえたりと様々な効果があります。
そのためワキガの人も塗布をすることで臭いを軽減するのに効果的です。

ただ、ワキガの臭いは人工的な香料によって臭いが消せるものではありません。
そのためワキガの臭いとほかの臭いが混ざって臭いがきつくなってしまう可能性もあります。
使用する際には無効タイプのものを選ぶようにすると臭いが軽減できて効果的です。

こまめに汗をふき取る

汗をかいてしまうと臭いの原因となります。
そこでこまめに拭き取って汗が肌に残らないようにすると効果的です。

汗を拭きとることによって体温も下がりますから汗もかきにくくなります。
特にべたべたした汗は臭いが発生しやすいのでべたべたした汗をかいている際には早めに汗を拭きとりましょう。

5.まとめ

ワキガは独特な臭いで周囲の人はもちろん自分自身も不快になってしまうことがあります。
手術や注射といった治療をしなくても日頃からの心がけによって臭いを軽減することも可能です。
自分にできることから対処をはじめ、それでも効果が見られない、臭いが気になる、という場合には病院に行って診察を受けてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!