むだ毛の発生原因と効果的な処理方法

むだ毛の発生原因と効果的な処理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
無駄毛の男性

男性の無駄毛は、「男性の悩み」において、常に上位に位置しています。
腕、胸、足、髭など、部位は様々で、またその濃さによっても対処方法は様々です。

今回はそんな男性の無駄毛の発生原因と、効果的な処理方法について解説していきます。

まずはむだ毛の仕組みを知ろう!

むだ毛をうまく処理したいと思ったら、むだ毛の仕組みを知っておくことも大事です。

仕組みを知った上で処理を考えましょう。

成長期に毛が生える

毛が生えるには様々な周期があり、その周期の中の一つである成長期という期間に毛が生えます。

この時期は毛が新しく生えて成長すると言う時期です。

毛の周期は全部で3期あります。

「成長期」の他に「退行期」「休止期」もあるのです。

その中で成長期はその言葉通り、毛が他の周期に比べ最も成長します。

実は毛は皮膚の下で育ち、一定の長さになると皮膚の表面に出てくるのです。

そして、一定の長さまで伸びていき、成長していきます。

表面に毛が出ている成長期の期間を部位別に見ますと、脇の毛は3~5ヶ月が成長期、表面に出ている毛の割合は30%、腕、足の毛は4~5ヶ月が成長期で表面の毛の割合は20%、陰毛部は成長期が1~2年で、表面に出るのは30%です。

 

退行期に毛の成長が止まる

成長期といいましても、後半になると成長期とは言えないような状態になります。

つまり、だんだん毛が育たなくなり、退行期に入るのです。

そのようになると、毛の成長は止まり、伸びなくなります。

むだ毛が気になると思う時の毛は、この退行期の毛です。

成長期の後期に伸びて皮膚の外に出てきて、そのまま退行期に入っているという状態になります。

表面に毛が出ている退行期の期間は部位ごとに異なるのが大きな特徴です。

脇の毛になりますと3~5ヶ月、表面に出ている毛の割合は30%になります。

腕、足は4~5ヶ月、表面に出ている毛の割合が20%です。

陰毛は1年~1年半で、表面に出ている毛の割合は30%になります。

このように、毛にはサイクルがあるのです。

 

休止期に毛が抜ける

休止期に入りますと、毛が抜けます。

休止というので、そのまま毛が作られなくなるような感じですが、そういうわけではないのです。

毛は表面には出ずに、皮膚の下で育っているという時期になります。

上記のように表面に出ている毛の割合は毛全体の20~30%になりますので、全部の毛ではありません。

表面に出ていない残りの毛は皮膚の下で待機しているような状態なのです。

つまり、見えてはないけれども、目に見えない皮膚の中に毛があるということになります。

 

毛母細胞の活動よってむだ毛はなくならない

上記に書きましたように毛母細胞の活動がさかんであるために、男女ともに困ると感じるむだ毛はなくなりません。

体の表面に出ているもの以外の毛全体の70~80%は皮膚の下に待機しているからです。

つまり、むだ毛が気になって自分で処理をしてもすぐに生えてくるということになります。

最近はむだ毛を気にする男性が増えていますので、こういったむだ毛処理に頭を悩ますのは女性だけではありません。

世の中の男性も処理しても、すぐに生えてくるようなむだ毛を気にしているという事ですが、毛母細胞の活動のためにむだ毛はなくならないのです。

それに、男性は体内に男性ホルモンがあるので、体毛が濃くなります。

男性ホルモンの役割の一つに、体毛の発育、促進があるからです。

そのために、女性と違って男性は髭も生えますし、すね毛等もあります。

中には生まれつき毛深いという人も多くいるようです。

そう考えると、男性のむだ毛処理はなかなか大変です。

元々が濃い上に、毛母細胞のサイクルがあるために、むだ毛はなかなかなくならないのでしょう。

元々の毛の濃さにプラスして毛母細胞のサイクルがあるので、自分でカミソリや毛抜き等を使って処理しても、すぐに生えてきてしまうのです。

以前は女性の悩みだったむだ毛処理も男性の悩みになっています。

このように、毛母細胞の活動のために、むだ毛がなかなかなくならないと嘆く人は男女問わず、少なくないでしょう。

 

むだ毛処理の効果的な方法

むだ毛処理の効果的な方法を探ってみましょう。

色々方法がありますが、皆さまはどんな方法で処理しているのでしょうか。

 

むだ毛を抜く

むだ毛を抜くというシンプルな方法がまず、挙げられます。

この方法はシンプルで簡単なので、やったことがあるという人は多いかもしれません。

ただ、毛の量が多ければ多いほどに時間がかかりますし、同じところを見続けるので疲れるという人もいるでしょう。

やり方をご紹介します。

用意するものは毛抜きです。

毛抜きはドラッグストアやインターネットショッピング等に売っていますので、買っておくと良いでしょう。

1000円前後で買えます。

まずは、肌を清潔にします。

きれいに洗って、アルコール等の消毒剤で脇の下を拭いておくと良いです。

このようにきれいにしておくことは衛生面において、大事なことになります。

次に、毛を抜くのですが、毛穴の向きや毛の流れに沿って抜くのが一番やりやすいです。

反対方向に抜くと、毛穴を傷めてバイキンが入ってしまうかもしれませんから、要注意です。

抜いた後は冷やすことをおすすめします。

流水で冷やしても良いですし、冷蔵庫にいれておいた冷たいタオルで冷やすと、毛穴が引き締まると言います。

そして、アフターケアとして、肌を清潔にした方が良いので、殺菌作用のある化粧品や医薬品をつけておいても良いでしょう。

 

薬を使った方法

脱毛クリームという薬を使った脱毛の方法があります。

いろいろな種類のものが各メーカーから発売されておりますので、ドラッグストアやインターネットショッピングで買えます。

中には、男性用というものありますから、男性の方はそういったものを買っても良いでしょう。

やり方ですが、まずは除毛したい部分をきれいに洗います。

皮脂や汚れがあると衛生的でないので、バイキンがはいってしまう可能性があるからです。

また、濡れていても薬を使いにくいので、その場合は清潔な乾拭きのタオルで拭きましょう。

次に、薬を抜きたい部分に湿布します。

それも、しっかりと毛を覆うくらいに付けた方が良いです。

付け方にむらがあると、その部分だけが残ってしまいますから、不自然な感じになります。

5~10分そのまま放置し、時間がたったら、タオルやスポンジを使って一気にむだ毛を拭き取ります。

そののち、水で薬をきれいに洗い流してできあがりです。

 

毛を焼く

毛を焼くという方法もあります。

焼くというと、ちょっと怖いような感じですが、熱線式の除毛器のことなので正しく使えば、安全です。

肌の上で除毛器を滑らせて毛を抜くという方法で、除毛器は熱を発生するので熱で焼くといったことになります。

毛の生え際からの除毛になるので、比較的しっかりと除毛できるかもしれません。

やり方は、まず除毛器に電源を入れて温度設定をします。

次に肌に垂直に除毛器をあてて、早めに動かすと良いです。

へたをすると、火傷してしまうので、ゆっくり動かしたり、動きを急にやめたり、強い力で押し当てるといったことはしない方が良いでしょう。

事故につながります。

除毛後はアフターケアが大事です。

処理した部分の肌に化粧水やクリームを塗っておくと良いでしょう。

 

むだ毛を剃る

こちらもシンプルなやり方です。

カミソリを使って気になるむだ毛を剃ります。

この場合、湿っていた方がやりやすいので、お風呂で行っても良いでしょう。

まずは、剃りたい箇所にシェービング剤かワセリンを塗ります。

何もつけないで剃るのは肌を傷めるのでNGです。

ボディーソープも肌を傷める可能性があります。

毛の生える方向に向かって、剃って行くと楽にできます。

ここで気を付けたいのはやりにくいので、反対方向に剃らないということです。

力任せに剃らないようにしましょう。

あくまでも、優しく刃を押し付けないようにしたほうがきれいにできます。

押し付けないとできないようならば、古いカミソリかもしれないので、新しいものに変えると良いでしょう。

剃毛後はお風呂に入らない方が良いです。

処理した部分から、バイキンが入ってしまう可能性があります。

肌の水分やバリア機能が失われますので、化粧水等でアフターケアをしましょう。

カミソリ負けをしていたら、軟膏を塗ると良いでしょう。

 

男性のむだ毛は女性に嫌われる?

男性のむだ毛は女性に嫌われます。

その理由や対処法等を探ってみましょう。

 

不潔な印象を持たれがち

第一の理由として挙げられるのは、不潔な印象をもたれるということです。

元来、女性は不潔な感じのもの、汚いものは嫌がります。

むだ毛もなんとなく不潔に見えるのでしょう。

特に、夏に目立ちやすい腕の毛やわき毛に不潔な印象があり、不快に感じるという女性は多いようです。

といいますのも、いっしょに食事をしている際に、腕の毛が濃すぎると、食事の中に毛が落ちてしまいそうで、不快に思ったり、夏のランニング姿だとわき毛が目立ち、汗臭く感じたり、見た感じが嫌だったりということがあります。

昔は腕やわきの毛は男性の象徴として、それほど嫌がられるようなものではなかったのですが、今は女性の感覚も変わったのでしょう。

男性も女性の目を気にするようになりましたから、わきや腕のむだ毛処理に気を使う人は増えているのです。

 

すね毛が濃い人は・・・

すね毛も人にもよりますが、嫌がる女性は多いようです。

特に夏になると、解放感もありますし、リゾート地に行くこともあるでしょうから、短パンをはく男性は多いでしょう。

そのような状態になると、自分では気づかないかもしれませんが、すね毛が目立つのです。

すね毛は男性特有なものなので、見慣れていない女性から見ると不快に感じるのかもしれません。

特に女系家族の女性や女子校育ちの女性にすね毛を嫌う人は多い様です。

また、毛の長さにもよるかもしれません。

余りのツルツルにしてしまうと、不自然な印象を持たれますので、ほど良い長さで目についても不快でない程度にすると良いです。

その場合は、脱毛サロンで相談すると、ちょうど良い長さにしてくれるようなので、こういったところを活用しても良いかもしれません。

完全に脱毛せずに短めにカットする、数回通って毛の本数を減らすという方法もあります。

 

無精髭は女性から嫌われる原因にも

無精髭も昔は、男らしさの象徴で女性から受け入れられていましたが、今は嫌われる原因になっています。

無精髭は、何となくだらしないような不潔なような印象を持たれがちですから、デート前等はきちんと剃った方が良いです。

実はきちんと剃ってもすぐに生えてくるという人もいます。

そのような人は原因があるかもしれません。

ストレスや乱れた食生活も原因になるので、気を付ける事、そして正しい髭剃りをすることが大事です。

シェービングクリームを塗って、毛の流れに沿って剃り、アフターケアもきちんとするようにしましょう。

間違ったひげそりをしていると、すぐに生えて来ますから、見栄えも効率も良くないのです。

 

下の毛まで剃ると・・・

下の毛は賛否両論のようで、難しいところになります。

もじゃもじゃしているのも女性には不快の要素になるでしょうが、全くなくなるほどに脱毛してしまうのも、不自然でしょう。

そこで、基準として考えられるのは、ブリーフから出ない程度にすることです。

そのくらいの毛はあった方が自然と思える女性は少なくありませんので、脱毛サロン等で相談すると良いでしょう。

また、おへその下の毛は不快に思う女性が多いので、今までそういったことを気にしなかった男性は、ちょっと気にしたほうが良いでしょう。

余りに量が多いと見た感じが良くないのです。

これは、男性にとってはわかりにくいことかもしれません。

なぜかといいますと、女性自身はおへその下に毛が生えることはないので、違和感があるのです。

陰毛は男女ともにあるものなので、むしろこちらの方が受け入れられるかもしれません。

おへその下の毛は自分で剃る等して処理できるでしょう。

それから、尻側の陰毛を気にする女性も多いので、この辺りも気に留めておきましょう。

見た感じではなく、衛生面で不快に思うという女性も多いです。

しかし、こう言った部分は自分で処理するのは危険です。

目に見えない場所ですし、性器の付近ですから傷つけてしまってはバイキンが入ってしまいます。

ですから、陰毛同様に脱毛サロンでの処理がおすすめです。

スタッフに相談して、良いようにしてもらいましょう。

 

全身脱毛で身体も心もリフレッシュ

全身脱毛

全身脱毛をご存知でしょうか。

全身脱毛を受けると身体も心もリフレッシュして良いものです。

どのようなものなのか、ご紹介します。

 

全身脱毛の内容

全身脱毛に興味のある男性は多い様です。

その内容について、お伝えします。

まずは無料のカウンセリングが受けましょう。

インターネットで「男性の全身脱毛」で検索しますと、様々なサロンがでてきます。

気になるところや通えそうなところがあったら、たいていのお店は無料カウンセリングの予約フォームがありますので、記入して日時を予約します。

または、電話で問い合わせもできるので、直接話を聞きたい人は電話をすると良いでしょう。

カウンセリングでは自分の希望をきちんと話すと良いです。

医療脱毛であれば医師がきちんと答えてくれます。

場所によってはパッチテストもありますので、安心です。

医師がいる医療脱毛ですと、医療用のレーザー脱毛が出来、無料で軟膏を処方してもらえます。

レーザー脱毛はその人の好みの毛の濃さや量によっても違うようです。

サロンによっては万が一の事故も補償してくれます。

コースもいろいろあるので、費用や自分の希望と照らし合わせて選べるのです。

 

気になる料金は?

料金はそのサロンによって異なります。

一番安いところで298,000円ですが、こちらは髭とVIOラインがふくまれていませんので注意しましょう。

施術したいところがどこなのか、よく考えた上で決めた方が良いです。

あとで後悔のないように、先にインターネットで見て確かめておくことをおすすめします。

施術の料金はほとんどのサロンで月々の分割払いになっています。

トータルで見るとなかなかの金額ですが、月々ですと1万円前後となりますから、払えない額ではありません。

ただ、それでも安い金額というわけではないので、納得のいかないということのないようにしましょう。

 

施術は痛い?

痛みについても、気になるところです。

痛みは人によっても感じ方が違いますし、そのサロンで使う器具によっても違うでしょう。

使う器具ごとの一般的な痛みをご紹介します。

効果的と言われるニードル脱毛は、施術に痛みがあります。

なぜならば、こちらは毛穴に直接ハリを刺して、毛根を焼いて切るので激痛が走ります。

でも、その効果は抜群で永久脱毛になるのです。

しかし、エステで使う光脱毛は出力が弱く、永久脱毛にはなりませんが痛みはありません。

また、医療脱毛は効果てきめんですが、痛みは多少あります。

 

どんなサロンを選ぶべき?

ここで、考えたいのはどんなサロンを選ぶべきかという事です。

まず、安心できるという点で、医師が常駐するところが良いでしょう。

万が一の時の応対もしてもらえます。

また、全身脱毛を売りにしているところで脱毛用の器具をうまく使いまわして、施術回数が少なくて済むというところも選ぶ基準です。

料金のプランが明確でわかりやすいということも大事です。

費用に関しては特に気になる点ですので、何にお金を払ったのかわからないというようでは、後でしこりが残ります。

そして、お試しで全身脱毛に挑戦できるということも選ぶ基準にしても良いでしょう。

初めては不安ですから、お試しができるというのは有り難いことです。

そのような体験を実施している所であれば、それだけ受ける人の気持ちを受け止めてくれるサロンということになります。

 

まとめ

男性にとって、女性に嫌われてしまうようなむだ毛は悩みの種です。

自分ではなかなか難しい、サロンできちんと処理してもらいたいという人は、自分に合ったサロンをインターネットで情報を調べて、お試しコースから始めてみるのが良いでしょう。

むだ毛根絶に努力すればきっと彼女も喜んでくれます。

自分でも出来る方法がありますので、衛生面を考慮し、脱毛処理のメカニズムを知った上で、どのように処理すれば良いか考えることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!